古いワイパーはゴムの劣化に注意

中古車を購入する際は車体だけではなくワイパーの状態も確認する必要があります。ワイパーは消耗品なので、長く使い続けていると次第に劣化して拭き取る作用が弱くなります。また、ゴムの部分が日光に当たることでも少しずつ劣化するので定期的な交換が欠かせません。傷んだワイパーをそのまま使っていると雨水を綺麗に拭うことができず、視界が悪くなります。場合によってはフロントガラスに傷が生じるおそれもあるので、中古車を購入する際はワイパーを交換するのが賢明でしょう。特に以前の持ち主から買い取ったままの状態で売られている車両はワイパーが劣化している可能性が高いので、見た目が普通でも新品に取り換えるのが安全に運転するための工夫です。

降雪地帯はワイパーの使い分けが必須

ワイパーは通常の物とは別に雪用の物もあります。雪用ワイパーはブレードの部分がゴムで保護されている作りになっています。雪の付着によるサビの発生を防ぐ効果がありますが、使用するゴムの量が多いので通常のワイパーより数割ほど割高です。また、雪を拭うことを前提とした物なのでごみが多く混ざっている泥水にはやや不向きです。しかし、降雪地帯で通常のワイパーを使っても綺麗に拭うことは困難なうえ、ブレードにサビが生じるおそれがあります。ワイパーの動きにも支障が及ぶこともあるので、降雪地帯では雪用ワイパーとの使い分けを怠ってはいけません。中古車を購入する際に通常のワイパーが装着されている場合は速やかに雪用ワイパーを用意する必要があります。

カーリースは新しい車の乗り方として注目されています。契約者は毎月決められた金額をリース会社に支払うことで希望の車に乗ることが出来ます。この場合、車の所有者はリース会社で使用者は契約者になります。