タイヤが摩耗していないかチェックする

安全に車で走行するには、タイヤのチェックが欠かせません。まず確認してほしいポイントは、タイヤの摩擦状態です。摩擦によりタイヤが偏った減り方をすると、タイヤの寿命が縮まります。タイヤの摩擦は、空気圧の低下やタイヤローテーションをせずに走行することなどが原因です。タイヤローテーションとは、定期的にタイヤの位置を交換することです。タイヤの異常を見つけやすく、寿命を延ばせます。また、タイヤの側面にあるスリップサインを目視で確認することも大切です。摩擦が発生すると、徐々にスリップサインが浅くなってきます。目視が不安な場合は、溝の深さを測定できる工具を使うと良いでしょう。タイヤの減り具合におかしな点がないかを定期的に確認しましょう。

タイヤの空気圧をチェックする

タイヤの空気圧は、月に1回のペースでチェックすることをおすすめします。タイヤの空気は自然に抜けていくので、定期的に確認する必要があります。空気圧が低下したまま走行すると、摩擦が発生しやすくなったりパンクの原因になります。また、燃費にも影響が出るケースもあります。車やタイヤの種類などによって、適切な空気圧は決まっています。まずは運転席ドアや給油口のフタの裏などに記載されているタイヤ空気圧を確認しましょう。測定器を活用し、空気圧の状態を数値で確認します。タイヤの空気圧とともに、チューブレスバルブの状態も点検します。チューブレスバルブはゴム製品のため、劣化しやすく空気漏れする可能性があるので注意が必要です。

中古車のリースは保険や車検の費用も含まれていますので、購入して所有をするよりも総合的に安くなるパターンがあります。